キリスト教の教会での葬儀や火葬式の後にお墓に納骨する方法と依頼

未信者でもキリスト教式で葬儀を行いたいとき希望はどこへ伝えたらいいのか?

Written on 4月 12, 2016   By   in キリスト教 葬儀

未信者でもキリスト教式葬儀を行いたいとき希望はどこへ伝えたらいいのか?

司祭が関係者を道案内します。逝去した方の生前の生活に感謝し、お祈りを捧げることをします。宗教者が的確な聖なる書物の御言葉を取り次ぎます。

クリスチャンのお見送りで司会をする牧師の依頼のみでも受け付けます。
界隈の葬式会場に申し入れているのだけど、お説教は信頼の置ける神父にしていただきたい方へ。

基督教葬祭サポート対応の一日葬は、お食事の機会を持ちます。ファミリー葬は、通夜の祈りと葬儀式をするプランです。華麗な生花装飾を用意して、近親者と召された方を告別します。

未信者のキリスト教式葬儀

司祭はご遺族に寄り添い葬儀場に行きます。一般的な告別式は会社の仲間や友達を呼びます。

所帯の経済性の状況や宗教事由に合わせた追悼式を執り行うにはどうしたらいいのか?。付けたしの料金が一切ない、一切合切の弔い価格を確認するには?。

案内書を依頼して、書面で見積もりを認識してください。お見送りで和尚さんに支払うお布施の金額が高いのでビックリしてしまう。

葬式に必要なお金が高額ので、大変だ。1980年代の時期には弔い式の代金に多額を払っても、今時では違う。

互助会では、取りやめの時にトラブルが多くある。案内の時には信頼させて、必要で要請するとコストを高くされる。互助会を中止しようとすると、違法な事務手数料を請求される。

→ キリスト教葬儀

 

, ,  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページランクチェック ページランク表示 自動相互リンク集 ホームページ相互リンク20 SEO-P-LINK SITEMIX http://キリスト教-葬儀-教会.biz/ http://キリスト教-葬儀-教会.net/ 人気サイト