キリスト教の教会での葬儀や火葬式の後にお墓に納骨する方法と依頼

キリスト教徒の墓石デザインや価格と信仰継承

Written on 10月 21, 2017   By   in キリスト教 葬儀

キリスト教徒の墓石デザインや価格と信仰継承。

イスラエルの中にあるオリーブ山では、ジーザスの再臨の日に即座に死人の中からよみがえらされて、救い主のもとに携挙されて欲しいと、数多くのキリスト教信仰者が石棺を用意して埋葬して備えています。

なぜだか日本文化では、キリスト教教徒になったら墓参りをしてはならないといったバイアスが広まっていますが、キリスト教信仰者はお墓の前で記念会を捧げます。

キリスト教の墓石のデザインは、大別すると①石棺型と②焼骨型があります。

「石棺型」(せっかんがた)の墓石には、ご遺体にエンバーミング処置をして、肉体のまま埋葬します。日本ではあまり馴染みがないですが、欧米の歴史では主流であり、日本でも申請をすれば可能な場合も有ります。

参照先:キリスト教 墓石

キリスト教の墓石

妹背で拝んでいる宗教の対象が違う場合、一緒のお墓でいいのか?。

先祖のお墓は、家族にとって非常に重要性のある物事だから、不都合になることが度々あるはずです。

キリスト教の復活信仰を基にお墓に骨や肉体を安置するのが、キリスト者として墓石の重要な意義です。

 

聖地イスラエルに存在するキリストのお墓のご紹介。

青森県に造られている「キリストの墓」は偽物なのですが、正しいものは永遠の聖地イスラエルにある。

岩穴に入ると御棺が置かれていた痕跡があり、聖墳墓(せいふんぼ)チャーチに存在する石の棺や板はここから運ばれた可能性もあります。

 

「お墓」というのは、家族・親族にとってすごく重要な事柄ですので、悩むことやトラブルになることも多いはずです。

ここでは、キリスト教のお墓の意義、クリスチャンのお墓参りの仕方、埋葬方法、お墓の形式について解説させていただきます。

参照元:キリスト教 墓

,  

ページランクチェック ページランク表示 人気サイト ネットビジネス 看護師転職